ウクライナ壁画プロジェクト2017
UKRAINE MURAL PROJECT

ウクライナ壁画プロジェクト

2017年7月1日 〜 8月2日

ウクライナ東部に位置するマリウポリ市は、2014年のウクライナ騒乱で被害を受けた都市である。
その騒乱の際に被弾し、いまだに弾痕が残るSchool NO.68に平和のメッセージを込めた壁画を残すため、UNHCRウクライナと協力して制作した。
また2017年はウクライナと日本の外交関係樹立25周年にあたり、首都キエフのArt-zavod Platformaに日本とウクライナの友好の壁画をシリアやアフガニスタンからの難民の子供たち、ウクライナの国内避難民の子供たちと描いた。

Ukraine Mural Project

1 July - 2 August

Maruipol, a city in the eastern part of Ukraine, suffered damage in the 2014 crisis. School No. 68, bombed during that crisis, still shows signs of damage and, with the support of UNHCR Ukraine, I created a mural there that conveys a message of peace. In addition, as 2017 marks the 25th anniversary of the start of diplomatic relations between Ukraine and Japan, to commemorate the friendship between the two countries, I drew a mural together with refugee children from Syria and Afghanistan and IDP children in Ukraine at Art-zavod Platforma, in Kyiv.

ARCHIVES


  • All
  • MURAL
  • WORKSHOP
  • PROJECT
  • EXHIBITION
  • WORKS
  • PAINTINGS